相続財産の中に、非上場株式が入っていることがあります。上場株式であれば、証券取引所で公表されている時価を参考にして評価することが出来ますが、非上場の場合は国税庁が定めた方式によって行います。この場合、株式を相続した相続人が同族株主であるか、違うのかによって、方法が異なってくるのです。非上場会社では、会社の支配権を持っている人と持っていない人で、株式の価値は異なってきてしまうためです。
相続人が同族株主である場合は、類似業種比準価額方式か、純資産価額方式のどちらかの方式で行います。どちらか片方の方式で行う場合もありますが、この2つの方式を併用する場合もあります。
株式を相続した相続人が、非上場会社の同族株主ではない場合は、少数株主となり、配当還元方式によって計算を行います。配当還元方式とは、株式を持っていることで受け取ることが出来る1年間の配当金を、一定の利率で還元して元本である株式の価額を評価するものです。
このように、非上場の株式の評価を算定する方法は、相続人が同族株主であるのか、そうではないのかによって、大きく異なってきます。それぞれ方式が全く違いますので、きちんと確認するようにしましょう。