定期借地権は、貸した土地は必ず変換されることを保証し、貸した期間の満了時に立退料は発生せず、土地所有者が安心して土地を貸すことができるようになりました。また、借りる側も今までより少ない負担で住宅を持つことができるようになり、土地の貸し借りの円滑にも繋がって、土地の所有から利用に変わってきました。
この制度のは三つの種類があります。一つは借地期間を50年以上とし、期間満了時に借り主は建物を取り壊して土地を返還します。二つ目は建物譲渡特約付借地権で、契約して30年以上過ぎたら土地所有者が建物を買い取ることが約束され、その時点で借地権が消滅します。三つ目は借地期間を10年以上50年未満と定め、事業用に活用するためのもので、居住用には利用できません。
一戸建てを持ちたいと夢みる人は多いでしょうが、土地と建物代を合わせると長い住宅ローンを組まなければならず、夢で終わる人もいます。でも、借地の土地に自分の夢みるマイホームを建てれば、資金も少なくて住むことができます。ただし借地ですので、担保となる土地を所有していないため、住宅ローンの借入可能額が少額になるので、ある程度の自己資金を用意しておかなければいけません。